社員がいきいきとしてるからいい仕事ができる 住協グループの社員

住協建設株式会社ビル造 施工管理

東京本社工事部工務課課長 村野 雄一

裁量権が大きいからこそ、責任を持った仕事ができる

仕事内容

私たちの施工管理の仕事は、ただ見守って入れば良いわけではありません。工程、品質、安全、原価の管理から外部協力会社との調整や取り纏めなど、正に「言うは易く行うは難し」の仕事のオンパレードです。ただ、そこは当社ならではの裁量権を大きく任されることが有るため、窮屈な管理職のようなものでは無く、アグレッシブに自身の判断で責任をもって仕事を動かすことができ、大変面白い仕事だと思います。
担当するプロジェクトは1プロジェクト13ヶ月ほどのものが多く、請負金額も数億~十数億となります。

仕事のやりがい・エピソード

やりがいは何と言っても裁量権の大きさと担当プロジェクトの大きさ。難しいからこそのやり遂げた時の達成感。どれをとってもここ以外では味わい難い体験だと思っております。
工程管理では立地条件をつかむのが難しく、それによって進捗状況にかなりの影響を与えます。さらに、原価にも関わって来るため、施工管理をする人の力量によって何千万単位で原価が変わることもあるため気は抜けません。
但し、裁量権が大きく課題解決にも積極的に取り組めるため、決して窮屈なことは無く、仕事の面白さにもつながっていると思います。
裁量権の大きさの面で言えば、経験を持っていることは大前提となりますが。協力会社の選定や人員配置などまで全て任されています。
また、当社の建築物は一定レベルを保てるよう独自の中間検査なども設けており、お客様からは品質について高評価を頂いているのも、仕事のやりがいであり誇りにもなっております。

今後の目標

今後の目標は、現在の品質やお客様の評価を保ちつつ、会社として常時動いているプロジェクト数をさらに多くして行くことです。
そのためには、経験者の採用や後進の育成、社内外体制の構築など多くの課題が有るとは思いますが、私のできる限りの範囲で一つ一つ解決して貢献をして行ければと思います。

応募者の皆さんへのメッセージ

社員ひとりひとりが向上心をもって成長していける企業だとおもいます。
是非、当社に飛び込んでみてください。