CSR(企業の社会責任)への取り組み
未来の「笑顔」のために今、私たちができること
2つの柱
>環境への取り組み
>社会との共生

住協グループは、地域と共に生きる企業として、地域社会のより良い発展に寄与し、持続可能な未来を築くため、
さまざまな自発的な活動によってCSRを推進します。

環境への取り組み

チャレンジ25キャンペーン

政府が推進する地球温暖化防止のための国民的運動「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。
このプロジェクトは、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比から25%削減する目標に向けて、あらゆる政策を総動員するとともに、オフィス・家庭などに向けた具体的なCO2削減の実践を提案したものです。 チャレンジ25キャンペーン

エコキャップ運動

ペットボトルのキャップを回収して、その売却益で開発途上国の子供たちへワクチンを贈るエコキャップ運動を応援しています。
各事業所に回収ボックスを設置。社員を中心に幅広く呼び掛け、エコキャップの回収を推進しています。 エコキャップ運動

彩の国 ロードサポート制度

埼玉県が勧める「彩の国ロードサポート」に参加しています。住協建設本社がある狭山市の道路650mを、社員が清掃し美化活動に取り組んでいます。 彩の国 ロードサポート制度

その他の取り組み

  • クールビズ・ウォームビズの実践。
  • 省エネタイプの事務機器に入れ替え。
  • ゴミの分別と減量化の徹底。
  • リサイクルの促進。
  • 節電の徹底。
  • エコドライブの実践。
  • 社用車を省エネタイプに変更。
  • 社員がハイブリット車に買い換えた時に助成金を支給。
社会との共生

地域支援

地元のお祭り・イベントや「飯能祭り」「川越祭り」などの伝統祭事、「福祉ふれあい祭り」などの催しに参加・協力。地域の皆さまとのふれいあいを大切にしています。 福祉ふれあい祭り(2015年)

文化・スポーツ振興

野球、バスケットボールなどで、特に若い世代の大会を支援しています。またマラソン大会のサポートなど、地域の文化・スポーツ活動の普及につとめています。
住協カップミニバスケットボール県民総合体育大会 わくわくバスケホリデー(2015年) WCC西部チャレンジクラシック中学生軟式野球大会(2015年) リトルシニア野球「住協カップ」(2015年) 第5回所沢市卓球フェスティバル(2014年) 地域密着型のプロスポーツチームである「埼玉西武ライオンズ(野球)」「埼玉ブロンコス(バスケットボール)」、文化施設「すみだ水族館」をスポンサードしています。

子育て支援

埼玉県の「赤ちゃんの駅」設置事業に協賛。県内の住協全支店及び住協建設本社が「赤ちゃんの駅」の指定を受けています。
また、地元幼稚園のクリスマスイベントのお手伝いなど、子育て支援をテーマに活動しています。 赤ちゃんの駅

トップページへ戻る