住協

飽きることなく、
ずっと続けられる仕事。

INTERVIEW

INTERVIEW先輩インタビュー

建築施工管理職(S・RC造)
住協建設株式会社 
T・S 5年目

※所属は撮影当時のものです
※撮影中のみ一時的にマスクを外しております

住協を選んだ理由は?

肩書きにとらわれず、能力を見てくれる

私は学生時代文系だったのですが、就活のインターンで色々な業界を見て回っていた時に、偶然施工管理の仕事を体験し、現場のスケールの大きさに魅力を感じたのがきっかけです。いざ面接を受けて相談した際、文系でも施工管理ができると仰って頂いて、この会社は肩書や経歴にとらわれず、今ある自分の本質を評価してくれるところなんだなと感じました。当時は募集が理系のみだったり、文系も募集していても扱いの違いがある会社ばかりだったのですが、そのあたりが他社とは違うなと感じました。

実際入社してみて、どんな会社だった?

文系でも、気負いすることはない

想像していたよりも、文系の壁は大きく感じていません。もちろん、最初は理系の方に比べて専門用語やCADの使い方など、スタートが出遅れている部分も多少はありましたが、今思うと、仕事を通じて自然と習得出来たと思います。まだまだ勉強は必要ですが、文系だからといって気負いすることは決してないと思います。配属初日は緊張しましたが、最初に行った現場が一人現場だったので、所長が一人でポツンといて「寂しくないのかな」と、自分のことよりも所長のことを考えていました(笑)。現場の職人さんも優しい方ばかりなので、話しやすい雰囲気があります。

現在の仕事内容は?

現場管理や図面チェックだけではない

主な仕事内容は、現場の工程の打合せや、設計監理者との図面の打合せ、施主との仕様決め、現場で使う資材の発注、施工方法の打合せなどです。工事に携わる諸官庁の書類作成や検査対応の比重も大きいです。施工管理は、現場管理や図面チェックだけではなく、様々な仕事が発生します。円滑に施工を進めるには、覚えることも多岐に渡るため、大変なこともありますが、1から建物を造っていく面白さ、そして出来上がったときの達成感は何度経験しても嬉しいものです。今はこれまで積み上げてきた知識・経験をもとに、次席としてより良い建物を造れるように、所長のもと日々仕事に取り組んでいます。

仕事の魅力

飽きることなく、ずっと続けられる仕事

日々の仕事でいうと、自分の立てた計画と打合せ通りに現場の作業が進んでいくのが、ゲームのステージをクリアしていくような満足感を得られて楽しいです。出来上がった物件をGoogleマップで見たりもしていますね(笑)。自分の携わった物件が地図に載っているというのは、作品のようで嬉しいです。上司の前現場では、中廊下の仕上がりと照明のこだわりが事業主に褒められたと聞きました。まずは所長として1現場まるごと担当したいというのが今の目標ですが、いずれは内装や外装にこだわりをもって施工し、販売先に満足していただけるような物件をつくりたいですね。飽きることなく、ずっと続けられる仕事だと思います。

学生へのメッセージ

臆することなくなんでも聞いてください

やること全てが新しいことなので、最初は何も分からないのが当然です。臆することなくなんでも聞いて欲しいです。聞くことによって知識を得られますし、そうしてだんだんと自分の裁量で仕事が出来るようになってくると楽しくなってきます。私の場合もどんどん質問していましたが、怒られることはなかったですね。唯一後悔していることと言えば、学生時代にもっとエクセルの勉強をしておけば良かったというところです。

1日のスケジュール1日のスケジュール