住協

モノづくりが好きな人には、
うってつけの仕事。

INTERVIEW

INTERVIEW先輩インタビュー

大工職
住協建設株式会社 
S・M 3年目

※所属は撮影当時のものです
※撮影中のみ一時的にマスクを外しております

住協を選んだ理由は?

モノづくりが好きだった

モノづくりに関する仕事に就きたいという想いは昔からありました。現場監督か大工かで迷ったときに、体を動かすことが好きだったということ、人見知りでコミュニケーションを取るのが苦手だったということもあって、大工を選びました。もともと青森県出身で、首都圏内での大工の仕事に憧れがあったので、その中でも一番福利厚生など惹かれるもののあった住協建設に入社を決意しました。

実際入社してみて、どんな会社だった?

仕事が出来る人ほど、優しい

入社する前はただ黙々と仕事をするイメージだったのですが、思っていたよりも業者さんとのやり取りが多く、コミュニケーション能力が必要でした。今はもう人見知りがなくなりましたね。親方は優しいですし、仕事のスピードも早く丁寧で、綺麗に仕上がります。というより、仕事が出来る大工さんは皆さん優しいです。私がそこに至るまではまだまだ時間がかかりますが、努力したいと思います。

現在の仕事内容は?

親方について、日々学ぶ

住協建設の家は住協会の方々なくしては建ちません。今は住協会に所属している親方につき、日々学びながら仕事に取り組んでいます。土台を敷くところから、上棟、外壁合板貼り、金物取り付け、下地付け、サッシ取り付け、断熱材入れ、フローリング貼り、室内壁、天井ボード貼り、建具取り付けまでの約1ヶ月半が大工の作業です。大工の仕事は木造戸建て住宅を建てる上で重要な役割を担っているので、お客様に満足頂けるよう丁寧に仕事をすることを常に心掛けています。

※住協会…基礎、足場、大工、左官、屋根、水道、電気、設備など、建築関係の様々な専門技能を備えた住協建設専属のプロ集団。

仕事の魅力

褒められるのが嬉しい

仕上がりが隙間なく綺麗に出来て、親方に褒められることがすごく嬉しいです。親方は普段あまり褒めてくれるタイプではないので、余計に嬉しさがあります。自分が携わっている建物が出来上がっていき、やがて人が住んでいるのを見るのもとても感慨深いですね。出来なかったことが出来るようになる成長の実感も分かりやすく感じられます。モノづくりが好きな人にはうってつけの仕事だと思います。まだ一人では対応できない部分もある為、早く技術を身につけて、親方のような職人になることが今の目標です。

学生へのメッセージ

安心して仕事ができる環境

住協建設では、仕事で必要な工具や、移動に必要な自動車など、色々な面でサポートしてくれるので、安心して仕事ができます。大工仕事は学校で習ってきたことがそのまま活かしやすい場面が多いので、特に実技の授業に力を入れることをオススメします。一緒に働けることを楽しみにしています!

1日のスケジュール1日のスケジュール